よくある質問

HOME >> よくある質問
お客様いただきました、よくある質問をご紹介いたします。

ワンちゃんについて

Q: 湿疹がある場合に、お風呂はどうすればよいでしょうか?
品質のよいシャンプーで2週間毎が理想です。皮膚の状態によっては毎週シャンプーしてもかまいません。理由は湿疹が出ているワンちゃんは表皮のバリアがしっかりしていないため紫外線や菌によるトラブルが出やすくなるためです。しかしバリアをしっかりするために必要なお手入れがあります。
Q: トリミングは必要ですか?
必要です。皮膚を綺麗にするためには毛はいつも綺麗にする必要があります。毛玉が出来てしまうと、皮膚がつれてそこから皮膚トラブルを起こすケースがありますし、ワンちゃんにとってもストレスになります。
Q: おなかが弱いようなのですが、ドッグフードを変えた方がよいでしょうか?
大切なワンちゃんのために、飼い主さんがしなくてはいけないことがあります。それは原因を突き止める事。もしドッグフードが原因で下痢をしたりするのであれば当然変える必要があります。
Q: サプリメントは必要ですか?
原則は食事です。しっかり栄養を与えていれば原則サプリメントは必要ありませんが、食べていてもなかなか身体の調子が整わないと思われるのでしたら、品質のよいものを与える事はいいことです。
Q: 人間用のシャンプーを使っても大丈夫ですか?
通常のシャンプーはお勧めしません。ワンちゃんの皮膚の厚さは私たち人間の半分です。とても繊細でデリケートな薄い皮膚なのです。獣医さんに来院される70%は皮膚トラブルだそうです。正しいお手入れ法を是非知ってください。
Q: 動物病院で診てもらいましたが、なかなかよくなりません。他にできることはありますか?
あります。私のサロンで行っている事は動物病院でも取り入れていただいている自然療法です。病院は治療が目的ですので、お薬を使います。いわゆる対処療法ですよね。でも私がお勧めするやり方は自分の力で良くなっていく事です。それは細胞レベルのお手入れ法です。
→詳しくはこちら「ドッグアロマ」をご覧ください。
Q: ストレスが溜まっているようで、よく吠えるのですが?
まずはストレスの原因が何か思い当たる事がありますか?例えばお散歩、皮膚が痒い、どこかが痛い(関節等)、原因がわかったら、それを解決することです。あとは意外にも多い触る効果です。全てやっていたにも関わらず、よく吠えていたワンちゃんがいました。しっかりとマッサージしていきましたら、無駄吠えがなくなったという報告は多数出ています。
Q: アレルギーの兆候はどんなものでしょうか?
健康な仔の皮膚の色はピンク色です。その一部に赤い発疹が出たり、またピンクから赤っぽくなってくると、ワンちゃんが掻き出します。そうすると皮膚バリアがなくなり、本来の健康的な皮膚の色ではなくなってきます。
Q: アトピーは治りますか?
私は医者ではありませんので治るということは申し上げられません。経験的なことをいうと従来のやり方では悪化させるだけのようです。この技術を獣医院に取り入れていただいた時におっしゃった言葉があります。サロンに来ていたワンちゃん達を見て、「どのワンちゃんの被毛も本当に綺麗で、目からうろこ〜です。」従来は薬と薬用シャンプーがアトピーの仔にしていたことです。細胞レベルのお手入れとは約20日周期のワンコの皮膚構造を知り、上がってくる皮膚を綺麗にし、しっかりとバリアをつくる事です。それにはNMF(ナチュラルモイスチャーライジングファクター)を整えることが大切なのです。この効果は外界の刺激から皮膚を保護し、有害物質の侵入を防ぎ、細菌の増殖や活動を抑制することができるのです。
Q: 歯磨きは毎日しなければいけませんか?
私も初めて飼った時思いました。犬に歯磨き?しかし今は違います。毎食後3分以内に磨いてください。綺麗な歯のワンちゃんは長生きですよ。
Q: 歯磨きを嫌がるのですが・・・
ほとんどの仔が嫌がります。でも1本からでも毎日習慣づけていくと2ヶ月位で呼ぶと来るようになります。それまでは飼い主さんの忍耐だけです。ただ呉々も無理強いはしないでください。もし嫌がるようでしたら歯ブラシで遊んで、その後に好きなことをしてあげると効果的です。
Q: 肉球が硬くなってしまったような気がします・・・
年齢によってそうなっていくこともありますが、血流がよければ綺麗な肉球でいられます。全身マッサージが大変な場合、ホホバオイル等を塗布して肉球マッサージをしてみてください。
Q: 爪は切った方がよいのでしょうか?
もちろんです。爪が伸びると血管まで一緒に伸びてきて大変です。また伸びた爪が邪魔をして上手く歩けないばかりか、関節まで悪くしてしまうことがありますので気をつけてください。
Q: ヒゲは切ってもよいのでしょうか?
ワンちゃんは切っても大丈夫ですよ。ただ一度切ってしまうと、伸びる時飼い主さんが痛いので、継続して切る事が多いですね。
Q: 目やにが出て困っています・・・
獣医さんに行って「大丈夫ですよ。」と言われる飼い主様多いですね。それは治療するほどではないということで目の病気ではないかもしれませんね。私は常に飼い主様に申し上げる事があります。原因は?身体の流れが悪い場合があります。フードが合わない場合があります。歯が悪い場合があります。逆さまつげの場合があります。話せないワンちゃんに変わって、ひとつひとつ解決していくことが自然治癒力を高めることに繋がっていきます。
Q: 涙痕がすごいのですが、治りますか?
やはりこれも原因です。汚くなってしまった毛はもとにもどりませんが、身体の中から綺麗にしていくと自然によくなっていますね。
Q:耳の掃除はどうしたらよいでしょうか?
耳の垂れているワンちゃんは耳が蒸れてしまうことが多いようです。お任せする方が安心ですよ。やり過ぎてしまうことも悪化させる原因にもなりますので一週間に2回ぐらいコットンにオイルを垂らして拭いていきます。
Q: シャンプーやお風呂はどの位の頻度でするのがよいでしょうか?
2週間毎がベストです。最低でも1ヶ月に1回はするようにしてください。プラスして毎日のブラッシングは是非してあげてくださいね。
Q: 歩き方がおかしいような気がします・・・
獣医さんによるとほぼ100%関節が悪いと言われています。サロンに来ているワンちゃんたちも同様です。それは早くから店頭に売られていることで身体がしっかり出来ていないことに加えて、その小さなワンちゃんたちはフローリングやコンクリートを歩くことがほどんどなんですね。心配な場合は獣医さんにご相談してくださいね。あとは骨格を見てくれるサロンに相談することです。
Q: ワンちゃんを買うときに注意すべき点を教えてください
安心できるところで買うのが一番ですね。病気についても何もないか質問してください。(大きな病気を持っていないか等)ワンちゃんを見たときに毛を分けて地肌の状態をチェックする、歩き方が不自然ではないかチェックする等も必要です。

アロマオイルについて

Q: エヴァのオリジナルオイルは、他と何か違うのでしょうか?
品質は最高級クラスのエッセンシャルオイルをオリジナルブランドで販売しています。
Q: 香りを混ぜてもよいのでしょうか?
大丈夫ですよ。調香は楽しいのでご自分だけの香り愛犬だけの香りの調香を楽しんでください。
Q: アロマオイル使用方法 バスタイムには・・・
バスタブにお湯を張り、お好みのオイルを5〜6滴入れよくお湯を混ぜてゆっくりお入りください。
ワンちゃんの場合はベビーバスにお湯を張り、爪楊枝で1滴入れ同じく良く混ぜて入れてあげてください。
オイルの種類に(特に柑橘系)よっては褐変反応が出る場合がありますが、自然なものである証拠です。
Q: アロマオイル使用方法 お部屋には・・・
アロマポット・アロマランプ等の上皿にお水を適量満たします。
満たしたお水の中に、エッセンシャルオイルを数滴落としてご使用下さい。
エッセンシャルオイルの持つ自然な香りが、お部屋を心地よい雰囲気に満たしてくれます。
Q: アロマオイル使用方法 マッサージには・・・
ホホバ油等の純度の高いベースオイルにエッセンシャルオイルを数滴たらすと
オリジナルのマッサージオイルの出来上がりです。筋肉の緊張やスキンケアに最適です。
Q: フラワーエッセンス使用方法
フラワーエッセンスは、お湯・お水・ハーブティーそしてワンちゃんにはおやつに数滴落としてご使用下さい。
また、適量をお口に含んで頂いても結構です。赤ちゃんからお年寄りまで安心してご使用いただけます。
Q: エッセンシャルオイルの保存方法
太陽光等による劣化を防ぐため、当社では遮光性のビンを使用しています。
使用後は冷蔵庫や温度変化の少ない冷暗所に保存してください。
エッセンシャルオイルは正しく保存すれば約一年は使用できますが、柑橘系オイルはあまり長くは保存できませんので注意が必要です。

ドッグフードについて

Q: 人が食べても大丈夫ですか?
ヤムヤムドッグフードは人が食べられる新鮮な食材を利用していますので、飼主様がその味を吟味するためにお試しで食べてみて下さい。
Q: どのように保存しておくとよいですか?
高温多湿の場所をさけ、湿気が入らないような容器で保存するとよいです。
Q: 同じフードを続けていてもよいですか?
特に問題はありませんが、いろいろなものを食べさせてあげるとアレルギーになりにくいですし、栄養も偏りませんので、手作り・生食・缶詰・ドライフード等上手に組み合わせてみてください。
Q: 1日何回、いつ、与えればよいですか?
原則2回がいいと思います。私たちと同じように朝・夕でいいですね。

ドッグアロマについて

Q: ワンちゃんのアロママッサージは毎日行うのでしょうか?
決まりはありません。サロンでは、身体の状態で飼い主さまにどの位の頻度でおこなうのがいいかアドバイスさせていただいております。
Q: 最も簡単なドッグアロマの取り入れる方法を教えてください・・・
室内芳香が簡単だと思います。ディフューザーにワンちゃんの好きな香りをお部屋に流すと、その前に行って寝ている仔が多いようですよ。
Q: ワンちゃんによって、苦手な香りはありますか?
あります。柑橘系やペパーミント、レモングラス等は嫌がる仔が多いですね。ワンちゃんはどちらかというとウッディ系の香りを好むようです。
Q: 定期的に香りを変えた方がよいでしょうか?
いつも同じ香りよりも気分が変わっていいと思います。ただ同じ目的にすることです。リラックス効果のある香りでしたら、その効果のあるエッセンシャルオイルを選ぶといいですね。
Q: バスタイムとお部屋では、同じ香りの方がよいでしょうか?
決まりはありませんが、同じほうが安心感があっていいと思いますよ。
Q: 人間が使っているアロマオイルをそのまま使用できますか?
できますが、希釈が違います。ワンちゃんは0.1%希釈です。また、ワンちゃんが嫌いなものがありますので、お気をつけ下さい。
Q: どんな香りを選んだらよいのかわかりません・・
一般的に好きな香りはウッディ系です。よく使うエッセンシャルオイルはベチパー。パチュリー・マジョラム・パイン・フランキンセンスはどの仔も口をあげるくらい好きなようです。
さてあなたのワンちゃんはどうでしょうか?ムエット(匂い紙)にエッセンシャルオイルをつけて鼻先に持っていってみてください。嫌がるものは使わないという選び方もあります。

ドッグサロン「エヴァ」について

Q: 予約は必要ですか?
はい、最初から最後まで一人で仕上げていきますのでご面倒でもよろしくお願い致します。
Q: トリミングまで何時間位かかりますか?
個体差がありますので一概には申し上げられませんが、プードルの場合3時間程のお時間をいただいております。あくまでも目安とお考えください。
Q: 何時までにサロンにワンちゃんを連れて行けばトリミングを受けられますか?
犬種によってことなりますのでお問合せいただいた方がいいと思いますが、カット犬種でホリスティックケアを取り入れる場合、閉店前の3時間30分〜4時間前にご来店ください。シャンプー犬種でホリスティックケアを取り入れる場合(中型犬まで)、閉店前の2時間前にご来店ください。
Q: 駐車場はありますか?
ございます。
Q: クレジットカードは使えますか?
ご利用いただけます。
Q: ホームページに掲載されている商品は、その場で購入できますか?
原則できます。

講座・セミナーについて

Q: 出席出来ない受講日があるのですが、代替え日はありますか?
原則振替はできませんが、正当な理由がある場合には代替えは可能です。
Q: 費用の支払い方法と時期を教えてください
お申し込みしていただいてから、ご連絡をさせていただきますのでご案内の記述通りにお願い致します。
Q: 資格が取れる講座を教えてください
「ドッグアロマセラピスト養成講座」「トータルケアセラピストアドバイザー養成クラスforDOG」で取得可能です。獣医師・しつけ・栄養学に関しましては専門家の授業が組まれています。いづれも野口医学研究所から発行される民間資格になっております。
Q: テキストはありますか?
あります。
Q: ワンちゃんと一緒に参加出来るしつけ教室はありますか?
教室はございませんが、しつけの先生をご紹介する制度はありますのでお気軽にお問い合わせください。
Q: 日程途中からの参加はできますか?
大変申し訳ございませんが、途中からの参加はできません。
Q: どのくらい前までに申し込めばよいですか?
少人数制になっておりますので定員になり次第閉め切らせていただきます。ご参加のご希望があれば早めにお申し込みください。